中国の上海に住んでいました

僕は男子の仕事の関係で数値通年、中国の上海に住んでいました。小さいちびっこを双方連れての上海駐在ライフは、もちろん困難事も沢山ありましたが、沢山の学びもありました。
何とか上海に住むのだったら、上海でしか学べない事を学ぼうと思い、僕は何を学ぼうか何かと考えました。
そうして考えたデータ、ボディに良くて、中国の俗習やキャリアも同時に学べる中国茶を習うポイントに決めました。
中国茶という一言で言っても、数え切れないほどの数々があります。
何千という数々があると言われているので、私の知るお茶もほんの一部ですが、体の一変や状態に合わせて中国茶を呑むようにしています。
中国茶には大まかに六つに数々分けすることが出来ます。
緑茶、白茶、黄茶、青茶、黒茶、紅茶の6数々だ。
こういう取り分け緑茶がほとんど中国茶の8割を占めるのですが、こういう緑茶を一年中呑む事によって、抗菌実行や流感阻止、抗がん作向けもあります。
但し、仮に優しい緑茶を飲んだとしても、緑茶にはボディを冷ます素材が含まれているので、ボディが冷えている時や、女の月の物内などはめったにお勧めしません。
昔の人たちが癌になる人が少なかったのは、緑茶を一年中飲み込む慣例があったからかな、と考える時もあります。
僕は中国茶の中でも緑茶が好きで、とことん呑むので、緑茶を飲み込むようになってからは、全然流感をひかなくなったように思います。
ひょっとしたらこれは中国茶のインパクトの一部かな、としていらっしゃる。
そうして月の物内や皮膚が荒れている時、ホルモン兼ね合いが乱れている局面、ボディが冷えている局面などは、紅茶がとても良いです。
紅茶は全発酵されているので、ボディを暖める効果があります。そうして女ホルモンを促進する効力もあるので、女性にはとても凄い後押しの中国茶の一つだ。
黒茶の中にはプーアル茶も含まれているのですが、プーアル茶はもうよく知られているは思いますが、減量働きが甚だおっきいので、焼肉を食べたり脂っこいものを食べた時は、プーアル茶を呑むのが一番です。脂の解体を通じてくれます。
他のお茶にも沢山のインパクトがあります。僕は日々に中国茶を飲み込む事を取り入れて、健康に気を使っていらっしゃる。マクサルト